「FM -N1」をWEBでお聴き頂けます→SimulRadio
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
那谷寺・生雲
那谷寺住職 木崎 馨山さん
9月1日・3日放送




お話の内容
生雲にて

生雲は「自然智」の場、円行山(標高470メートル)山頂の宿泊施設です。
白き山々、緑なす森や鳥のさえずり、遠く聞こえる風の音、水のせせらぎを友として、リラクゼーションを求める方の、心癒される所です。

「自然智」は白山開山の泰澄神融法師が1250年前山中で体験した世界です。
500年前まで那谷寺の行者が自然智を得るための求聞持法を修した場所「役行山」はこの地です。
古代人たちの信仰は永い永い眠りについていましたが、ようやく復活しました。
温故知新・白山信仰の伝統を守りながら、”神は自然なり”の摂理を新しいかたちで実践しています。
ですから本尊はお祀りしません。
朝は谷々から霧が昇り始め、やがてあちこちで霧に変わっていきます。”生雲”はその自然の姿から名付けました。


那谷寺にて

那谷寺はずっと昔、縄文時代の神まつりの霊地であった処です。縄文人は狩猟によって自分の命を支えてきました。いわば他の命を奪うことによって我が命にかえてきたので、他の生物への感謝の気持や命を奪うことへの恐れ、汚れの念を持ち続けていたと思います。
 やがてそれは自然への畏敬の念や、人の生きることへの罪の意識として表れます。そして古代人は人の魂は輪廻転生すると信じており、魂はあの世とこの世を往復すると信じてきました。

 特に加賀の国では、清らかで白き神々の住む白山に死後の魂が登って清められ地上に回帰する、という信仰が生まれました。

 又、那谷寺の地には岩山と洞窟がたくさんあって、その洞窟は母親の胎内のようで、生まれる間に魂が清められる場所、魂のゆりかごの場所と信じていました。それならば生きている間に自分の罪を洗い清めるため洞窟に入って祈り、表へ出ることによって清められると思い、ウマレキヨマルためのイワヤ内で神まつりをしたのです。ところがそのイワヤ洞窟は白山の方角に向かっていたので、白山を遥拝する場所としてイワヤ本殿ができたのです。

 那谷寺の境内は奇岩遊仙境を中心とした、山水画のような美しい景色です。人々は今度生まれるとしたら、この様な景色とともに過ごしたいとの思いからの自然智の信仰も生まれ、ますます境内をより美しく保つことになりました。

 今も、那谷寺の中心は自然であり、その信仰は自然の摂理(自然智)が中心であり、四季折々の風景を大切にしたいと心掛けています。
(HPより)


image000000.gif




生雲では澄んだ空気と鳥のさえずり、落ち着いた空気の中で太陽の傾きで時間を感じ、静かな空間に身をまかせることができます。
日常の慌しさに疲れた時には是非出かけてみてください。
自然の中で過ごす事で様々な癒しを感じられると思います。


image.gif


たくさんのお話を聞かせてくださった住職に感謝いたします。
そして私達の素朴な疑問や質問にも丁寧に応えてくださいました。
本当にありがとうございました。


・お問い合わせ
 
那谷寺・生雲

小松市那谷待ちユ122
℡ 0761-65-2111
HP http://www.natadera.com/index.html



・オンエア-曲

秋吉 敏子 toshiko plays
・Long Yellow Road
・Kogun



image662900001.gif

スポンサーサイト
【2006/08/30 21:01】 取材日記 | トラックバック(0) | コメント(0) |
小塩辻梨園
加納 稔久さん/(下)
山下 正樹さん/加賀市梨共同撰果場長(上)
8月25日・27日放送


*山下さんの梨園で撮影取材させていただきました。


お話の内容

梨園での作業についてなど。
もぎ取りの時期には家族総出で作業し、朝5時ごろからお昼までの間に取り終えます。
その後撰果場にそれぞれの梨園の方々が持ち寄り、午後から一斉に撰果作業します。

小塩辻で生産されている梨の種類は・新水・幸水・豊水・20世紀です。
取材をさせていただいた8月9日に収穫されたのは新水、とてもみずみずしく甘味の多い新鮮な梨でした。
撰果場では梨農家の皆さんが選別作業におわれていました。
人の手と目、それから機械を使って梨の内部まできちんと確認しての出荷なので信頼できる梨です。

今回は加賀撰果場からのたくさんの梨のプレゼントもあります。
放送後の発送になりますのでその時期に収穫される幸水をプレゼントしていただくことになりました。
放送での締切日などお聞きになってお申し込みをお待ちしております。

image68153.jpg

撰果場での様子です。


20060818212640.jpg

山下さんのお子様達。
梨園の中を楽しそうに駆け回っていました。
まだもぎ取りはお手伝いできないので、梨の整理などをお手伝いしていました。時々セミ捕りもしながら・・・
ご家族でのもぎ取り作業中にお邪魔して取材させていただきました。
お忙しい中、本当にありがとうございました。




オンエア-曲

NAT KING COLE / NAT KING COLE AT THE SAND+3
・BALLERINA
・THE SURREY WITH THE FRINGE ON TOP


image662900001.gif

【2006/08/18 22:52】 取材日記 | トラックバック(0) | コメント(0) |
深田久弥 山の文化館
深田久弥 山の文化館事務局長 北出 磯弘さん(左)
深田久弥を愛する会 会員 真栄 隆昭さん(右)
8月18日(金)・20日(日)放送




・お話の内容
深田久弥について。
1903年、石川県江沼郡大聖寺町(いまの加賀市内)に生まれた。
1971年、山梨県の茅ケ岳山頂近くの尾根で、脳卒中のため急逝。
68年の生涯だった。本光寺にある墓の裏面に、「読み、歩き、書いた」
と刻まれている通り、歩きに歩いた人生だった。
スタンダールの墓碑銘「生き、書き、愛した」にちなんでいるのは、
久弥が生涯スタンダールを敬慕していたからだ。
世俗を嫌悪し精神の高さを求めて生きるという心を共有した。

 久弥の「山」は、内なる精神を世俗から解き放つ場であった。
精神の開放の場として山々を歩いた。
戦前、鎌倉文士時代に小林秀雄を誘って雪山に入っていたのも、その一端だ。
戦後は小説よりも山の文章を多く書いた。
読売文学賞を受けた『日本百名山』をはじめとする山の文学は
日本文学史に独自の地歩を築いている。なかでも故郷の山、
白山を描いている幾多の文章は山の文学の白眉である。
(山の文化館HPより)

image6813.jpg

山の文化館の建物は、明治43年に建てられた絹織物工場「山長」の事務所・石蔵・門を修築したもので、平成14年12月に国の登録文化財に登録されました。

 事務所は木造2階で、外壁をイギリス下見板張とした洋風建築です。現在は、1階を事務所・図書室、2階を集会場として使用しています。
 石蔵はかつて生糸の保管庫として使われていたもので、木骨石造の2階建てです。現在は、1階を深田久弥遺品を中心とした展示室、2階を資料の収蔵庫として使用しています。

 「ここを訪れれば山の文化が分かる」、そうあるために いつまでも成長し続けるミュージアムを目指していきます。随時深田久弥に関する資料、山に関する書籍等を収集しています。ご協力をお願いします。
(山の文化館HPより)

番組の中では大きな銀杏の木に『トトロ住んでるね』とか『となりのトトロ』トークを連発しました。深田久弥さんの生前の声・蝉の鳴き声を折り込んだ山の文化館を歩いて体験しているような番組づくりを心がけました。
そして五十嵐一生さんの曲がステキにマッチしていたと思います。(^_-)



image6811.jpg


20060801103647.jpg




・お問い合わせ先

深田久弥 山の文化館
加賀市大聖寺番場町18番地
℡ 0761-72-3313

開館 9:00~5:00
休館 火曜日




fill in radio from KAGAは、毎回現場で収録させていただき録音します。
その音源を持ってFMN1で編集をして放送しています。
image6814.jpg

撮影 小杉さん(FMN1)





オンエア-曲

五十嵐 一生   FREE DROPS
.Invitation
.Nomad


image662900001.gif

【2006/08/01 22:52】 取材日記 | トラックバック(0) | コメント(2) |
加賀白山おったからまつり/9月2日開催!
加賀白山おったからまつり総合監修・企画演出
総合プロデューサー 梶井 昇司さん(左)
広報部幹事 坂下 和成さん(右)
広報部 高野 宣也さん(中央)
8月11日(金)・13日(日)放送




・お話の内容

「加賀白山おったからまつり」とは?
昨年第1回目を山代温泉に舞台を置いて開催し、白山からのたくさんの恵をうけてきたこの地に生きる人たちが、この地に伝わり、守られてきた食、芸能、歴史の数々を自らの力で見つけ出し、自らの力でそれを組み合わせ、自らの力でその「おったから(お宝)」の数々を一人でも多くの人々に知っていただくために発信する「まつり」でありたいと願いながら大2回目の開催準備がはじまりました。

加賀白山地域の伝統芸能、祭りが路上を舞台に繰り広げられます。
また郷土の特産品、故郷の食、伝統工芸などの販売、体験が出来て、夜には山中温泉の町中がライトアップされ、灯りの小道が現れます。

「おったから」とは加賀地方の方言で「いたから」「あったから」という意味と「私達の誇りあるお宝」という意味を掛けた造語です。


おったからまつりの詳しい内容やタイムスケジュールは「加賀白山おったからまつり」のブログに掲載されます。
ご参考になさって是非9月2日 山中温泉に足をはこんでみてください。



image67292.jpg

林の奥に見えるのは今回の収録場所、山中温泉・鶴仙渓の東屋です。
あやとり橋のすぐそばにその東屋はあります。
夕方の涼しい時間帯、蜩が鳴き川のせせらぎが聞こえる中での収録。
とても気持ちの良い夏の夕方を堪能してきました。


加賀の歴史や芸能、文化を梶本さんを中心にして、スタッフの方々がそれぞれ勉強し学び、お祭りを作り上げていこうとしています。
9月2日の開催が楽しみです。

総合プロデューサーの梶本さんは「歴史文学探歩の会」を主宰。
厳島神社をはじめ金沢城石川門、能登、時国家を舞台にしたイベントの企画、演出等も手がけていらっしゃいます。
とても情熱的でエネルギーをいっぱい振りまいてくださって、周囲の人を元気にさせてくれるようなオーラをもった方でした。
『かじさん』とは昨年の山代温泉でのおったからまつり以来の再会。お話が合うんですよ、Jazz話とかそして同じく何かを創造する世界の先輩、そして僕は歴史好きんです!(^^ゞ


image6817.jpg
撮影・高野宣也さん
おったからまつりのブログに載せていただいた画像です。
撮影、ご協力をありがとうございました。




加賀白山おったからまつり」お問い合わせ先

山中観光協会内
おったからまつり実行委員会
℡ 0761-78-0330





オンエア-曲
MEG   THIS IS MEG!
・Taking a shance on love
・Misty



image662900001.gif

【2006/08/01 22:16】 取材日記 | トラックバック(0) | コメント(0) |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。