「FM -N1」をWEBでお聴き頂けます→SimulRadio
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
河畑 孝夫さん
11月17日(18日)24日(25日)放送



河端さんのプロフィール(HPより)

1962年 石川県加賀市山代温泉に生まれる。
金沢美術工芸大学、日本画科卒業。
横浜放送映画専門学院
  (現日本映画学校)卒業。
その後、TVドラマや映画の助監督として、様々な作品に従事。

主な作品として、
「ゴジラ対キングギドラ」「秘祭」「写楽」「瀬戸内ムーンライトセレナーデ」など。

1998年 「浮舟」(源氏物語ミュージアムのため
の映画)篠田正浩監督と共同脚本。
父親の死去に伴い帰郷。
2000年 小説「オキナワン・ラプソディー」
          (新風舎)を出版。
2001年 S.S.I.認定きき酒師の呼称資格を取得。
シナリオ「ダンボール・ライフ」
          (新風舎)を出版。
2002年 日本ソムリエ協会認定ワインアドバイザーの資格を取得。
2004年  小説「ヘヴンズ・キッチン」(文芸社)を出版!

 月刊「FAVO11月号」に記事が掲載されました!        
2005年 4~5月 個展「河畑孝夫展」開催。
9月 詩&写真展「光ノコトバ」開催。
雑誌「ZOUSS」に、コラム「映画人放浪記」を連載。
 
  現在、山代温泉を拠点に、家業の酒屋を営みつつ、独自の創作活動を続けている。


611165.jpg

河端さんの書斎でお話を収録させていただきました。
思い出の本やお写真なども見せていただきました。
様様な分野のたくさんの構想が彼の頭の中に詰め込まれている様子でした!




■お話の内容
・助監督時代の色々な思い出のお話など。
・小説家としての河端さんの思いや考え。
・地元を考える酒造りについて。


611164.jpg

不思議なインパクトを与えてくれる彼の小説もご一読あれ!!



■オンエア-曲
JUNIOR MONCE TRIO   Soul Eyes
・STORMY MONDAY
・TAKE THE A TRAIN

井上 智    MELODIC COMPOSITIONS
・Hippotamus
・Three For Jo-House




image662900001.gif

スポンサーサイト
【2006/11/16 20:33】 取材日記 | トラックバック(0) | コメント(0) |
外国人研修生の日本文化体験
加賀市役所地域振興部町づくり課 主査 橋本 厚子さん(左)
研修生 王 爽さん(右)
11月10日・11日放送
610313.jpg


中国人研修生の皆様とボランティア通訳の方々(九谷焼美術館にて)





■お話の内容
・加賀市における在留外国人の数は現在783人です。
特に市内企業で働く外国人労働者の方々には、言葉の違いによるコミュニケーション不足や、文化や生活習慣の違いから、不安を感じていらっしゃる方々も多いようです。

こうした背景から、在留外国人と市民がともに、地域に暮らす市民として尊重し共存できる多文化共生社会を実現する必要が高まっています。

・加賀市では、本年度から在留外国人の方々に、加賀市の自然や文化に触れてもらい加賀市の良さを体感し、文化を知り、この地に愛着をもっていただければと考え、外国人労働者を雇用している企業との共催による研修会を開催することにしました。この研修に参加していただくことで、企業研修の効果も高まり、また当市のことがいつまでも心に残る思い出となり、帰国後再び加賀市に訪れるリピーターになっていただけることを期待しております。

・見学施設
中谷宇吉郎の科学館/北前船の里資料館/石川県九谷焼美術館 等
・日本文化紹介
着物着付け体験/お琴演奏鑑賞/九谷焼絵付け体験 等



610312.jpg



ボランティアの通訳の方々が施設での職員の説明を訳して下さいます。
かなり日本語が理解できる方々もいらっしゃるのでインタビューはずべて日本語でお話させていただきました。
皆さんとても勉強熱心な女性ばかりでした。
着付け体験ではたくさんの記念写真を撮られて、それぞれがとても楽しそうでした。着付けのお手伝いをされる方々もボランティアで参加されていらしゃいました。



610314.jpg




■オンエア-曲
井上 智 & PETER BERNSTEIN GUTARS ALONE
・55
・Arnie Lawrence





                 image662900001.gif

【2006/11/09 22:35】 取材日記 | トラックバック(0) | コメント(0) |
石川県立大聖寺高等学校SEP委員会
聖高エコプロジェクト
三津野 先生SEP委員会の生徒の皆様(北さん・新家さん・他)
向出組 熊本さん
11月3日・4日放送



■お話の内容
・SEPとは?
石川県立大聖寺高等学校が、2002年6月に始めた環境プロジェクトで、全校あげての協力体制のもとに進められているものです。
主な活動内容は エコスクール化運動と、故郷の山を守る活動 の2点からなっています。

スローガン: 京都議定書に挑戦!


CO2排出量を前年度比5%減らすSEP
(Seiko Eco Project)

校庭の看板

いしかわ環境フェアでのSEP展示

杉植林地の下草刈り SEP宣言

●このスローガンに基づき、SEP宣言を行いました。


(1)エネルギー消費量を15%削減します。


(2)ゴミ排出量を15%削減します。
CO2排出量を15%削減します。(1年目)


(3)水・紙の使用量を15%削減します。


(4)以上の3項目とCO2排出量は、 2年目で20%、3年目には25%削減 します。


(5)4年目以降は、エネルギー使用量、ゴミ排出量、水・紙使用量およびCO2排出量を前年度比で 5%ずつ削減します。


(6)物品等の購入はグリーン購入に努めます。


(7)地球環境を考えて行動できる生徒を育てる教育活動を行います。


● ボランティア組織であるSEP委員会が推進役となって、エコスクール化運動と故郷の山を守る活動の2点を中心に活動を続けます。


● 実施体制を明確に位置づけし、教職員(校長、教頭、環境担当者、一般教職員)および生徒(SEP委員、一般生徒)の責任分担を明確にしています。
聖高HPより

・向出組 熊本さんのご挨拶
・三津野先生の炭焼き窯での説明
・学生達へのインタビュー

610232.jpg


・小雨の降る寒い1日になっていまいましたが学生達は濡れながらも一生懸命雑木の整理をしていました。
今回は国道8号線の拡幅工事に伴い排出される雑木をバイオマス資源として有効利用する企画として炭を作る実習に取り組んだ大聖寺高校のSEP委員会。
インタビューでは日々の活動を通じて学校の皆さんにSEP活動の意義も伝わっているように感じました。
地球の未来は私達一人一人の力で変えられはずです!
こうした活動が広まっていくことを心から祈っています。



■オンエア-曲

山中 千尋トリオ When October gose
・Yagi Bushi
・Ballad For Their Footsteps/Three Views of a Seacret



image662900001.gif

【2006/11/01 10:37】 取材日記 | トラックバック(0) | コメント(0) |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。