「FM -N1」をWEBでお聴き頂けます→SimulRadio
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
榊原 千秋さん
日本ALS協会/ALSと仲間達の会 事務局
日本コンチネンス協会 北陸支部 支部長
(5/26.28放送)
image5.gif
小松市園町の榊原さんのご自宅兼オープンスペースにお邪魔して収録させていただきました。

お話の内容
・日本コンチネンス協会とは「すべての人が気持ちよく排泄の出来る社会づくり」を目指す民間ボランティア団体です。
排泄障害は「予防、治療、ケア」ができます。簡単な体操もあります。
・ALSと仲間達の会について
筋肉が委縮して次第に機能を失う進行性の難病ALS(筋委縮性側索硬化症)との闘病生活の末、99年に亡くなった小松市の西尾健弥さん(享年57歳)を支援するために生まれた。
感銘を受けた榊原さんが手紙を送ったことがきっかけで始まった詩人の谷川俊太郎さん(74)との交流は、西尾さんの死後も途切れることはなく、10年目を迎える。
9月初旬に谷川さんとアニメ映画「千と千尋の神隠し」(宮崎駿監督)の主題歌「いつも何度でも」を作詞した覚(かく)和歌子さんが、小松市の「ALSと仲間達」のために共作した詩「愛かもしれない」をCD化。
9月2日(小松)3日(音楽堂)で「魂のいちばんおいしいところ」コンサートも開催されます。
コンサートでは専門のお医者様の相談コーナーも設けています。



image6.gif

保健士をされている榊原さんご自身が臨死体験をされたことが西尾さんとの交流にも影響を与えているそうです。
「ALSと仲間達の会」ではそのプロセスを楽しみ、共に楽しく過ごすことができたらと話す榊原さん。
そして人間の尊厳についてのお話にも触れてくださいました。
とても難しい内容になりますが、人として生きる全ての人が考えるべきテーマですね。
榊原さんと谷川さんが「共に、永久(とわ)に」を二人のテーマにしています、と教えて下さいましたが、そのテーマがたくさんの人たちのに広まって欲しいと心から願います。
 

・コンサートのお問い合わせ
つじぶんさん 小松市小馬出町6
TEL 0761-21-2323/ FAX 0761-22-5025
 

・ALSと仲間達の会・日本コンチネンス協会に関してのお問い合わせ 
榊原 千秋さん
FAX 0761-23-7307(24時間受け付けしています)





オンエアー曲

続木 力 & 谷川 賢作「ヌアージュ」より
・サテン・ドール
・マイ・ボニ-



スポンサーサイト
【2006/05/06 23:09】 取材日記 | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<菖蒲湯まつり | ホーム | Sea side cafe うみぼうず>>
comments
comment













管理者にだけ表示を許可する

trackback
trackback url
http://fillinradio.blog64.fc2.com/tb.php/9-b401224a
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。